ロゴ
>イチオシ情報>その床大丈夫?フローリングのワックスがけでピカピカ

その床大丈夫?フローリングのワックスがけでピカピカ

フローリング

「フローリングワックス」は床のお手入れの総仕上げと言われるほど、床のメンテナンスとして欠かせないと言われています。なぜ、床にワックスをかける必要があるのかというと、第一の目的は「フローリング材の保護」が挙げられます。床は家族が毎日上を歩き回る、さらに椅子などの家具を動かすなどして、どうしても傷がつきやすい状態です。定期的にワックスをかけると床に薄い膜ができ、衝撃から保護する効果を発揮してくれるので、傷がつきにくくなるのです。そしてワックスの成分が床材のデコボコに入り込み、表面をフラットな状態にしてくれるので、より光を反射しやすくなります。定期的に行えばピカピカと輝くフローリングをキープできるのも、このお手入れを行う理由の1つと言えるでしょう。

ホームセンターにはフローリング用のワックスが販売されているので、自分で床をお手入れしようと考える人も少なくありません。ただ、仕上がりのことを考えるのであれば自分で行うのではなく、専門の業者さんに依頼するのが1番安心です。すでにワックスがけをおこなっている床の場合、前もってワックス剤を剥がす「剥離作業」を行わなければいけません。この剥離作業が不十分だった場合、そのまま汚れが床の表面に残りだんだんと黒ずんでしまうので注意が必要です。また、部屋全体にワックスをかけるとなると、かなりの重労働となり場合によっては、途中で諦めてしまう人も出てくるでしょう。仕上がりが良くない、そして場合によっては中途半端で終わってしまうことを考えると、やはり業者さんに依頼することをおすすめします。

床