ロゴ
HOME>イチオシ情報>リフォームをして住宅環境を改善させよう!

リフォームをして住宅環境を改善させよう!

リフォームプラン

リフォーム依頼が多い箇所

リフォームは、したい箇所を全部挙げていったら、ほとんどのケースで予算オーバーとなるでしょう。資金は限られていますから、予算内で満足の行くリフォームをするには優先度を考えなければなりません。実際にリフォーム依頼が多い箇所は、家を長保ちさせるのに必要な箇所です。第一目的は家の寿命をいかに伸ばすかであって、必ずしも好きなデザインにすることではないからですね。また、箇所によってすべき時期というものがありますので、その兼ね合いも考えたほうが良いでしょう。一番初めに来るタイミングは壁や天井の張替と塗装のし直しで、5~15年です。次が水廻りの配管や設備交換と、屋根の補修や断熱材の補強で、これが15~20年。浴室の修繕が20~30年です。

リフォーム工事

業者に依頼する時は見積もり依頼しよう

もちろん予算内であれば、できるだけたくさん手を入れたいところです。そのためには、まずリフォームする優先度を決めて業者から見積もりを取ってみましょう。やりたい事を全部入れた場合と、最低限、家を保つために必要な工事をした場合と2パターン用意してもらうと判断がしやすいはずです。見積もりは合計金額だけでなく、細かい内訳までしっかり見て、何にどれくらいの費用がかかるのか理解しましょう。数社から相見積もりを取るのも良い方法ですが、この場合も工事の内容を項目ごとに個別に比較する必要があるので、なかなか大変な作業です。何社もの業者から見積もりだけ取って、合計額だけ比較しても成功するとは限りませんので、ひとつひとつ確認するようにしてくださいね。