ロゴ
HOME>イチオシ情報>バリアフリー計画を実行しよう!【手すりの取り付けから開始】

バリアフリー計画を実行しよう!【手すりの取り付けから開始】

手すり

手すりの取り付けを依頼する時の注意点

ホームセンターなどに訪れれば、簡易的な手すりが販売されているので、そちらを購入すれば自分でも取り付けることが可能です。しかし、お年寄りや体に不自由がある方のために、手すりを用意したいのなら、簡易的なものではなく本格的なものを用意すべきでしょう。もちろん、本格的な手すりはホームセンターなどには売っていませんので、業者に依頼をすることになります。なお、業務用のパーツを手に入れられそうなので、自身で取り付けてしまおうと考えるかもしれません。しかし、クオリティーが完璧な手すりを購入できたとしても、業者と同じような取り付け技術はありませんので、耐久性に不安がでてきます。体重をかけたときに、外れてしまったのでは大怪我となるため、やはり業者に頼んだほうがよいでしょう。

手すり

使い勝手を考えて成功を依頼

手すりを使う方が明確に決まっているのなら、業者に依頼をする場合は、その方が使いやすいと感じる高さを依頼しなければいけません。若い方や健康な方とは、異なる高さが必要になるので、勝手に判断しないように気をつけましょう。せっかく、手すりを取り付けたとしても、使い勝手が悪いのなら、逆に不便な思いをさせてしまう可能性まであります。ただし、これまで手すりを一度も取り付けたことがない方が、適切な高さを知るのは難しいはずです。もしも、自分たちでは最適な高さが分からないのなら、業者の方に相談することを考えてみましょう。業者の方ならば、いくつもの家庭のケースを見てきているので、きっと最適な高さを教えてくれるはずです。